ATSUSHI KAMAGATAATSUSHI KAMAGATA

お客さんの話を聴くこと
ただそれだけで
世界は変わっていった

アルバイトをすぐ辞めて
会社見学の次の日には出社していました

Q. GENOVAに入社するまでの経緯を教えてください
先輩からいきなり電話がかかってきて、会社を立ち上げたから、来てみないかと言われたんです。
会社を見に行ってみたら、若い人たちが多くて。その雰囲気が率直に楽しそうだな、というのと、若い人たちで大きなことをやろうという雰囲気が当時の私には魅力的でした。
アルバイトをすぐ辞めて次の日にはGENOVAに出社していました。

Q. 入社した当時の目標は何でしたか?
当時の目標は、率直にお金を稼ぐことだったと思います(笑)実は私の実家は千葉県で牧場をやっているんですけど、いつも資金繰りで困っているような牧場だったんです。でも私は何不自由なく育ててもらいました。だから、お金を稼いで両親を楽させたいなーという気持ちが人一倍強かったんだと思います。どんな方法がいいんだろう?と考えた結果、給与に上限が決まっていない営業が良いな、と。
将来独立することも頭にあったので、社長ってどんな人なんだろうという興味もありました。だから、法人向けの営業が出来るGENOVAは私にピッタリだったんです。

Q. GENOVAではどのようなお仕事をしていましたか?
営業で入社したんですが、当時の私はびっくりするぐらい営業が苦手だったんです(笑)。入社して5年くらいは売れた覚えが全くないですね。
話すのも苦手で、あんまり機転が利く方ではないのに、センスや感性で売れている人の真似をしていたんです。当然、上手くいかないんですよね。当時はすべてがからまわりしている感じでした。
今思えば、こんな私のような売れない赤字社員を5年間もの間、よく辛抱強く見守っていてくれたと感じています(苦笑)本当にありがとうございます。

売っているだけでは駄目
真にお客さんの役に立つものを

Q. 名古屋に転勤した理由は何ですか?
GENOVAを紹介してくれた先輩が当時、名古屋にいたんです。それで「名古屋においでよ」と言われたので、次の日には名古屋に行きました。でもそれは建前で、今思えば、東京で売れない現実が嫌で、逃げだしたくて、ただただ環境を変えたかっただけというのが本音です(笑)
名古屋でもテレアポからのスタートでしたが、東京にいたときよりは紹介での受注が圧倒的に多くなっていきました。
お客様の気質もあると思います。名古屋には外者はすぐには受け入れないぞという空気感があります。だからただ売り込みをするのでは全く話にならないんです。でも、信頼を得られれば、家族同然に良くしてくれる。それもあってまずはお客さん達を理解したいと思ったんです。だからとにかく、お客様が何に困っていて、何をしたくて、何を求めているのかを徹底的に聴きました。当時の経験が「お客様の話を聴ききる」という営業スタイルにつながっているんだと思います。

Q. GENOVAの良かったところは何だと思いますか?
まずは営業力がつく事ですかね。インセンティブが出ることや、社長や院長と対等感をもって喋れるところは若い人たちにとっては学びになります。もちろん、対等感をもって喋るためには努力が必要ですけどね。
そういう意味で独立する為のベースは出来たと思うし、若い人たちの勢いがあるのはGENOVAの良さだと思いますね。後は、数字に対するこだわりもつきます。

医療で働く人達が幸せになることで
社会が幸せになっていく

Q. GENOVAの卒業を意識し、独立をしようと考え始めたのはいつごろですか?
入社した時から28歳までにはしようと思っていました。ただ、「医療ブランディングで独立しよう」と決めたのは2013年の12月からです。
私の考えるブランディングとは、「トップ(院長)の頭の中を末端の社員さんまで浸透させ行動に移すこと」です。ただ、多くの場合は、トップ(院長)の頭はやりたいことで溢れているんです。その理由は2つ。
1つは頭が混乱しているから。もう1つは頭ではわかっているけど、伝えることが苦手だから。
だから、トップの思考を整理するお手伝い(思考整理)と、それを具現化するお手伝い(クリエイティブ)、そして、それらを社員さんにも浸透させ行動に移すお手伝い(人の教育)で、お客様の「これをやりたいな、こんな問題を解決したい」という想いにもっと深くまで応えていきたいと思ったんです。

Q. 今後のステップアップや目標はありますか?
まずは医療業界で貢献をしたいです。
GENOVAで培ってきた医療業界の先生たちや社長との関係性の中で、たくさんのことを学ばせていただきました。その方々にもっと深く寄り添いたいと思っています。
医療現場で働く人たちが輝けば、その患者さんや、社会が喜ぶと思うんです。
院長がWEBで集患に成功しても、そこで働くスタッフさんのマインドや仕事観が間違っていたり、風通しの悪い職場環境だったら誰も幸せにならないなーと感じたんです。自分の医院が嫌い、自分自身が嫌いというようなスタッフさんから医療を提供されても誰も喜ばないと私は思ってます。だから院長とスタッフさんとの間に入って、働くみんなが医院が好き、自分が好きと思えるような環境づくりの支援をしていきたいと思っています。その為には、愛をもって、相手に必要なことは耳が痛いことでも伝えていきたいと思います。

Q. 長期的な展望を教えてください。
まずは「医療ブランディングといえば、まる。」という状態を作ることです。
そして、お客様のお困りごとに全力で応えながら、提供出来るものを増やしていき、将来的には仲間をどんどん増やしていきたいです。
弊社の経営理念に「愛と感謝で世の中をまるくする」というのがあります。
人は完璧じゃありません。だからまずは自分を愛し、許し、認め、受け入れること。自分の良いところも悪いところもひっくるめて、自分を愛すること、受け入れることができると、人に優しくなれるんです(笑)いや、ほんとに。
自分自身に対する満足度は、他者に対する受容度につながります。そして人間関係がガラッと変わって、自然と感謝が生まれます。
だから、まるに関わる人達が、自分のことが好きだな〜。会社が好きだな〜。医院が好きだな〜。
そんな関係を拡げていけたら最高に幸せだな〜って思います。

ATSUSHI KAMAGATAATSUSHI KAMAGATA

GENOVAに入社を検討している方に一言

私の今があるのはGENOVAのおかげです。自分はこれで生きる!というものができました。
厳しい環境ではあるけども、だからこそ成長できる場がGENOVAにはあります。
安定を求める人よりも、本当に将来的に独立したいとか、成長したいと思っている人にはものすごくプラスになる会社だと思います。どんな仕事でもそうですが、人生の中でいつか必ず自分で責任をとらなければならない場面にぶち当たります。自分の人生の責任は、自分にしかとれない。そのことに早く気付ける会社だと思います。