AYANO YOKOTAAYANO YOKOTA

やり甲斐は誰かから
与えられるものではなく
自分で見つけ出すもの

新しいことを追いかけていたら、
人とのつながり、ひとつひとつが新しいことだと気づいた

Q. GENOVAを受けるまでの経緯を教えてください
実は同期の中で1番早くGENOVA入社が決まった社員だったそうです。新しいことや、新しい人に出会うのが好きなので営業職を中心に就職活動をしていたんです。ゼミで広告を取り上げた授業を受けていた影響もあり、学生時代から代理店でインターンをしてみたり、ずっと今の業界で仕事がしたいと思っていたので、職種などを決めるまでが早かったと思います。

Q. どうしてGENOVAに入社を決めたのですか?
学生って社会人になる前から、仕事に「やり甲斐」を求める人が多いんです。だけど、ある先輩に「やり甲斐」はいくらでも自分で見つけられると言われたことがあって、私が就職先を決める時に、最も大切にしたかったことは「人との関わり」という部分だったので、色々な会社のそういう点を見ながら就職活動していました。
GENOVAの新卒説明会ではグループワークがあったり、社員同士の関係や社長と社員との距離が近く風通しがよさそうだと感じたのが決め手です。あと、よくある面接ではある程度決められた質問しかされないのですが、GENOVAは面接官の方から深堀していくというか、こっちにいろいろ質問をさせるようにしていたのがとても良かったと感じたのもあります。

Q. 入社する前の期待と入社後の大変さと、この1年間で何に苦労しましたか?
正解が無いというところで苦戦しました。営業職は人によってやり方も違うでしょうし、自分のやり方を見付けるまでに時間が掛かりました。営業のステップを細分化してこれをいつまでに完璧にしていくかを上司に定めてもらい、意識を付けてもらうことで自分のやり方を徐々に確立していったという感じです。時間は掛かりましたけど(笑)
一般的な会社であれば、役職が上の方の方と一般社員が直接話す機会ってなかなか無いと思うんですけど、そういう人とでもしっかりと直接話すことができるのが良いところだと思います。ベンチャーらしく、スピード感もありますし。そういう環境の中で仕事をしていくうちに自分も自然と営業手法というものを身に付けられるようになったので、とてもプラスになったと思います。私の場合、契約が取れる・取れないで仕事がツラいと思うタイプではなかったので、契約が取れなくても楽しいと思いながら頑張れましたね。
実はなによりツラいと思ったのは、目の前のことで一杯一杯になってしまうこと。だから、仕事が忙しくても土日にしっかり休んだり、社外で同じ営業職やっている人とかに会って話すようにしたり、自分の気持ちを切り替えるように意識していました。

お客さまが私の仕事で喜んでくれたり、
幸せになってくれること
私にとってはそれが営業としての「やり甲斐」

Q. 自分の理想の営業になるまでの目標はありますか?
今後、1年半から2年くらいで、もっと自分の営業スタイルを確立させたいです。逆に今では正解がないことが営業職の一番面白いところだと考えているので、前と同じように短期的な目標を立て、ひとつひとつクリアしていければと思っています。
お客さまの困っていることを私が解決することで相手が幸せになるのであれば、それが自分の「やり甲斐」に繋がっていると感じているので、営業職は本当に楽しいです。

Q.今後の目標を教えて下さい
営業力をもっと上げることが1つ、自分のチームに新卒が入ってきたので、そのメンバーに役職を付けてあげられるように教育できるようになるということを目標にしています。チーム内の雰囲気も大切にしているので、皆で協力して楽しく仕事をしていければと思っています。

YOKOTA AYANOYOKOTA AYANO

GENOVAに入社を検討している方に一言

「やり甲斐がありそう、なんとなく入ってきた」という人ではなく、しっかり考えて就職活動をした人が良いと思います。新卒の方でしたら、初めて入る会社は人生の転機にもなるので。人から何か与えられてから動くという人ではなくて、どんどん自分で行動できる能動的な人が良いと思います。
GENOVAは業務内容はいろいろあるので、何か分からないことがあったらちゃんと聞ける人。後は、メンタルが強い人とか、すごい合っているかもしれませんね(笑)